福岡のリフォームのことなら柿原組 リフォーム事業部へ

リフォームメニュー

洗面室

洗面所のリフォームは、キッチンや浴室のリフォームと異なり、お客さまの用途によりご提案内容が変わってきます。
まずは、洗面所での用途を明確にすることがプランニングをする上で重要になってきます。
基本的な洗面所のご利用に限定してのリフォームであれば簡易な水道設備と鏡台のみで機能を果たします。
お客さまの用途が脱衣所、洗濯機を置いたユーティリティーコーナーを求めるのであれば、場合により間取りから考える必要があるかもしれません。
ここでのご紹介をぜひ参考にしてみてください。

洗面台の種類

洗面化粧台は、大きく分けるとシステムタイプと据え置き型の二種類あります。
洗面室には、洗顔、歯磨きや身だしなみを整えるなど、各家庭の数だけさまざまな機能が求められます。
洗面室の多くは、バスルームと隣接されていることも多いので、ますます多彩な機能が求められる場所といえるでしょう。
ここでは代表的なシステムタイプと据え置き型のご紹介を致します。

■システム洗面化粧台 senmen.jpg
洗面化粧台の他に、収納スペース・照明ユニットなどをご自身で組み合わせて洗面時に必要な機能を一体化した設備のこと。目的に合わせて収納を充実させたり、オリジナルの洗面スペースを作ることもできます。必要に応じて、ハンドシャワー付きや足元温風機付きなど、さまざまなオプションも用意されています。最近では、掃除のしやすいもの、収納に引き出しを採用したものなどが登場しています。


■据え置き型洗面化粧台 senmen.jpg
据え置き型洗面化粧台は『ユニットタイプ』など呼ばれることもある、サイズなどによって、さまざまなタイプの商品あるのが一般的な据え置き型の洗面化粧台です。洗面ボウルと鏡、収納キャビネット、照明器具、水栓金具などで構成されます。最近では、据え置き型タイプもデザインや機能面で、システム洗面化粧台に負けず劣らずバリエーションが多種多様化しており、収納ユニットなど組み合わせができる商品が増えてきており、さまざまなニーズにこたえることができるラインナップとなっています。


リフォームのポイント
洗面所は洗顔、歯磨き、身だしなみを整える1日の中で最も使用する設備ですから、快適な空間を作り出すこと成果の満足度につながります。
洗面所は様々な作業の中で、水しぶきが飛んだり、髪の毛が落ちたりとまめな清掃が必要になってくる場所ですから、掃除がしやすい洗面化粧台を設置することが重要です。
また、ご家族みんなで使用する為小物が雑然と並びがちですので、壁埋め込み式の収納棚などを設置すれば必要な収納スペースが確保できます。
その他、施工場所によっては照明の明るさなどにも配慮し、機能性と快適性が両立する、居心地の良い洗面所作りを考えてみて下さい。

脱衣室、洗濯室として利用する場合
洗面スペースには、浴室に隣接する脱衣室として利用されることも多いと思います。
その場合、濡れた状態のこともあるので、床材のご検討の際はクッションフロアなど水に強い物がよいでしょう。また、冬場は浴室と脱衣所の温度差が大きいので、電気式の床暖房などご検討してみるといいかもしれません。
また、洗濯室としてご利用される場合は洗濯機置場のスペースにも注意しましょう。
また、乾燥した洗濯物をたたんだりするちょっとした作業カウンターを設置すると便利です。

柿原組では、お客様のライフスタイルにあった洗面所リフォームをご提案しております。
過去事例やカタログを参考に様々なご提案が可能ですので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。