福岡のリフォームのことなら柿原組 リフォーム事業部へ

リフォームメニュー

キッチン

リフォームの中でもっとも多いご要望がキッチン周りのリフォーム。
選択にあたってはお悩みも多いと思います。
キッチンリフォームのポイントとして「動線」『収納』等の機能性・利便性の面や「見た目」などの好みの点があげられます。
ここでは、キッチンリフォームの『スタイル』と『レイアウト』をご紹介し、皆様のキッチンリフォームでより良い暮らしを手に入れるための参考になればと思います。

キッチンスタイル

キッチンリフォームをお考えの際はまずキッチンのスタイルを考えましょう。キッチンのスタイルには大きく分けて、クローズドキッチン、オープンキッチン、セミオープンキッチンの3タイプがあります。まずは、この3つのタイプから、ご自身のライフスタイルにあったキッチンを選んでみてはいかがでしょうか。

■オープンキッチン オープンキッチン
キッチンとダイニングの境界がないので広い空間を確保することができます。食卓テーブルをそのまま配膳スペースに活用できるので使い勝手も良好です。一方で室内は煙や臭いが廻りやすく、キッチン内部が見えるという面があります。



■セミオープンキッチン セミオープンキッチン
オープンとクローズドのメリットを併せ持ったタイプです。対面式の場合は家族間のコミュニケーションも取りやすく、また調理にも専念できます。





■クローズキッチン クローズキッチン
ダイニングとキッチンが独立しているスタイルで、煙や音、臭いなどはダイニング側から気になりません。来客の際キッチンを見せたくない、調理に集中したいというご要望の際は最適です。その一方で他のスタイルと比較し動線が長くなります。

キッチンプラン

キッチン内のレイアウトは主に6タイプに分けることができます。それぞれに機能性、見た目に特徴がありますので当サイトをご参考にキッチンのレイアウトをご検討下さい。

■I型 I型キッチン
キッチンを一列に並べた基本的なレイアウト。シンク、冷蔵庫、加熱調理機器などを一列に並べる配置。





■II列型 II列型キッチン
配膳・収納スペースが多く取れるレイアウトで、I型に比べて動線が短く、収納スペースが多く取れます。





■L型 L型キッチン
調理スペースをL字型に配置するタイプ。シンクとコンロを結ぶ動きが対角線となり、動線が短く使いやすいキッチンです。コーナー部分をどう活かすかがポイントになるでしょう。




■U型 U型キッチン
調理スペースをU字型にレイアウトするタイプ。最も大きな調理スペースが確保でき、 動線も大変良いキッチンになりますが、プランニング上、お部屋の広さが必要になります。




■アイランド型 アイランド型キッチン
キッチンの一部を独立させて、中央に島のように配置したタイプ。パーティーなどでコミュニケーションをとりながらの調理も可能です。反面お部屋の広さが必要になります。




■ぺニンシュラ型 ぺニンシュラ型キッチン
調理スペースの一部が突き出したレイアウトで、組み合わせ次第で、キッチンの自由度を高めることが可能です。





リフォームのポイント
リフォームを検討されている方の中には、キッチンをお考えの方は多いと思います。
キッチンも、他の家財道具同様、使い続けると老朽化し、色々な問題が出てきます。
またモノが多く、収納に苦労されることも多いかと思います。
また様々な工程があるので、広い作業のスペースを確保したいとお考えの方も多いかと思います。
キッチンを使用される方の数だけご要望やご不満があり、そのような問題を解決し、より使いやすいキッチンを作ることがキッチンリフォームの目的です。

キッチンは種類が大変豊富ですので、形やレイアウトには数多くの選択肢があります。
そのため、お客様独自のご要望を追求することが可能です。理想のキッチンを作るために、まず「今のキッチンへの不満点」を洗い出し、不満点やご要望を明確にした上でお考えになると、自分に合ったキッチンの姿が見えてくると思います。
その上で、ご連絡、お問合せいただければきっとご満足いただけるリフォームがご提案できるかと思います。

柿原組では、キッチンリフォームのノウハウや豊富なリフォーム実績がございます。
是非お気軽にキッチンのカタログの請求やお問合せをお待ちしております。